目指せ高額買取! 時計マイスター

  1. HOME
  2. 意外と知らない時計のムーブメント種類

意外と知らない時計のムーブメント種類

時代と共に進化し続けるムーブメント

アナタは高級時計を購入する時に何を重視しますか?
デザイン、値段、機能性など人それぞれ選ぶポイントがあると思いますが、
実際に時計がどういう仕組みで動いているのか
分からないという人も多いかと思います。
そこで今回は時計のムーブメント(駆動方式)の種類についてご紹介。
この雑学を知ればもっと時計の事が好きになるかも?
まず腕時計が動く方法は大きく分けると
機械式、クオーツ式、発電式の3つに分ける事ができます。
1.機械式(手巻き、自動巻き)
機械式が発明された1675年から現在に至るまで
数多くの時計技師たちの手によって改良が加えられた
伝統ある技術の結晶とも呼べる機械式時計。
特徴はゼンマイを巻き、それが解ける力を利用して
ムーブメントに組み込まれた歯車や部品が動くという仕組みになっています。
そして機械式でも手巻きと自動巻きに分けることができます。
手巻きはリューズを指で回してゼンマイを巻く方法、
自動巻は腕の振りによって内部のローターを動かし
ゼンマイを巻く方法です。
何百年物歴史を持ち、電池切れの心配がないのが特徴ですが、
数年に一度オーバーホールが必要になります。
また、精度は個体差がありクオーツ式と比べると劣ります。

クオーツ式の腕時計

2.クオーツ式
クオーツ式時計が発表されたのは1969年、セイコーが発表しました。
従来の時計と違いゼンマイを使わずに電池の動力によって針を動かします。
その精度の正確性と多くの生産量で世界中から人気を集めました。
特徴としては時刻の日差が0.01~2秒までとほぼ正確な精度と
オーバーホールが不要なことです。
注意点としては電池切れが起こるので
安全に交換する場合はショップや専門店にお願いしなければいけません。
3.発電式時計
電池式のクオーツ腕時計から電池交換しない時計を、
といった発想から開発された発電式時計。
さまざまなメーカーが発電式時計を開発していて
光エネルギーを電気に変えて動くソーラー式も多くみられます。
特徴としては電池交換が不要、クオーツ並みの高精度です。
注意点としては蓄電式を利用しているので
長年の利用によって蓄電能力が劣化して
電池の持ちが悪くなる場合があります。
今回は時計のムーブメントの種類をご紹介しましたが
如何でしたか?
時計の詳しい情報を事を知ることで、
自分が持っている時計をさらに愛する事ができますよね。
コラムを参考に自分の持っている時計の
ムーブメントを確認してみましょう。

Copyright © 目指せ高額買取! 時計マイスター All Rights Reserved.