目指せ高額買取! 時計マイスター

  1. HOME
  2. アンティークウォッチとの付き合い方

アンティークウォッチとの付き合い方

手のかかるアンティークウォッチだからこそ愛着も湧いてくる

現行モデルには無いデザインが逆に新鮮に見えるアンティークウォッチ。
新しい時計にはない魅力が詰まっているので
アンティーク時計を多く所持しているコレクターもたくさんいます。
一般的に「アンティーク」という言葉は、
生産から100年以上の時を経た美術的な価値を持つものに用いられます。
腕時計が人々の間に普及して100年も経っておらず
本来ならばヴィンテージと呼ぶ方が正しいかもしれません。
しかし、1970年代に生産された腕時計はコレクターの間で
アンティークウォッチという名称で親しまれてきました。
現在、腕時計は大量生産された安価なものが主流になっていますが、
1970年頃の腕時計はとても高価な物でした。
その理由の一つとして熟練された職人たちによって
一点ずつ手作業で作られたことが挙げられます。
今の時代の時計と比べると精度や防水性など劣る点はありますが、
デザインや機能性、仕上げの美しさなど
現行の時計に負けずとも劣りません。

オメガのアンティークウォッチ

一度実物を見てみればそのレトロな雰囲気に
惹かれる人も多いかと思いますが、
アンティークウォッチを身に付ける上で
いくつか気を付けるポイントがあります。
まずは水分。生産当時は防水機能の時計も販売されていましたが、
長い時間を経てその防水性が失われていると考えていいでしょう。
雨の日や汗をかく暑い日の使用は控えるようにしましょう。
次のポイントは衝撃。古いモデルなので耐震装置が付いていない時計が多いです。
その為、現行のモデルに比べて衝撃に弱く転身が折れやすくなっています。
最後は磁気。時計は帯磁するとひげぜんまいが接触して
精度が出なくなってしまいます。
身に付ける際には磁気を発生させる家電からは
なるべく遠ざけましょう。
またアンティーク時計には定期的に内部を掃除したり
新しい油を注入するオーバーホールも必須なので
忘れないように注意が必要です。
今回はアンティークウォッチとの付き合い方をご紹介しました。
手のかかるアンティークウォッチだからこそ愛着も湧いてきますよね。
正しい付きあい方を理解して自分だけの時計を見つけてみましょう。

Copyright © 目指せ高額買取! 時計マイスター All Rights Reserved.