目指せ高額買取! 時計マイスター

  1. HOME
  2. アンティーク時計の価値を決めるポイント

アンティーク時計の価値を決めるポイント

重要となるのは精密に作られた機械部分

アンティーク時計の魅力は人それぞれありますよね。
持つ人によって価値が変わるのも魅力の一つ。
でも実際に販売店で売られる場合には
どのようにして価値や価格が決められているのでしょうか?
今回は曖昧になっているアンティーク時計の
価値を決めるポイントを解説していきます。
まず重要になるのが時計の状態。
時計を使う人にとって一番大事なのが時計の状態ですよね。
全体的な状態や見栄えは使用する上で
価値を決める要素になります。
いくらアンティークだからといって
錆びたり傷だらけになっていたら使用する事はできません。
なので全体的な状態や見栄えを見て価値を決めています。
次に時計が製造された年代。
基本的に古い時計ほど製造された数が少なく希少価値があります。
1920年代以前のものは現存している物が少ないので
希少価値が上がります。
特に1800年代になるとさらに価値が上昇するので
販売価格も高くなる傾向にあります。

オメガのアンティーク時計

次に見られるのが時計のデザイン。
当時の時代を彷彿とさせるような卓越されたデザインも
価値を決める重要なポイントです。
大量生産できる現代と比べて、
オーダーメイドでごく少数だけ製造された時計や
斬新なデザインの時計が多いのが特徴です。
次はコレクターが特に重要視する機械部分。
アンティーク時計の中で最もこだわっている部分といっても
過言ではありません。
時計に関して知識が無い人には価値を感じない部分ですが、
機械の精密さによって販売価格が変わっていきます。
また、時計に使われているケースや文字盤も
価値を決めるポイントになります。
最後はブランド。
世界的に有名なロレックスやオメガなどのアンティーク時計は
時計自体のデザインや機能に関係なく
必然的に価値が上昇します。
持つ人によって価値が変わるアンティーク時計ですが、
販売時の価値や価格は上記のポイントで決められます。
アンティーク時計の購入を検討している人は
今回のコラムを参考にしてみましょう。

Copyright © 目指せ高額買取! 時計マイスター All Rights Reserved.